推進体制

株式会社ベネッセホールディングスは、
持続可能な世界の実現に向けた取り組みを、
グループ全体で
強化することを目的とし、
2018年9月「サステナビリティ推進委員会」を設置しました。

推進体制

サステナビリティ推進委員会は、(株)ベネッセホールディングスによる、その連結対象会社にする経営管理および支援について定めた内部規定「事業会社経営管理規程」に基づく委員会として位置付けています。

委員会は、ベネッセホールディングスの代表取締役社長を委員長・決裁者、同じく常勤取締役を委員としたメンバーで構成されており、ベネッセグループのサステナビリティを高めるための議論を行います。(年数回/議事に応じて適宜開催)
また、重要事項や定期的な活動報告については、ベネッセホールディングス取締役会においても行います。

委員会メンバー *2019年6月現在

委員長
ベネッセホールディングス代表取締役社長安達 保略歴はこちら
委員
ベネッセホールディングス代表取締役副社長 小林 仁 略歴はこちら
ベネッセホールディングス取締役 滝山 真也 略歴はこちら
ベネッセホールディングス取締役 山﨑 昌樹 略歴はこちら
ベネッセホールディングス取締役 岡田 晴奈 略歴はこちら

なお、各開催回においては、上記メンバーに加えて、社外取締役、監査役、および委員長の指名者がオブザーバーとして参加することがあります。

最終更新日:2019年11月20日