サステナビリティビジョン

サステナビリティビジョン

ベネッセグループ サステナビリティビジョン

「よく生きる」を社会へ
「よく生きる」を未来へ

変わることが常態であるこれからの時代に、
持続可能な豊かな世界を目指すために
あらゆる社会課題を「人」を軸に捉え直し
すべての人がやりたいことを探し、挑戦できる社会をつくりたい
私たちは、企業理念「Benesse=よく生きる」を、
社員一人ひとりが実践し、人と地域へ、社会へ、そして未来へと拡げます

サステナビリティビジョン策定の流れ

サステナビリティ推進委員会の設置決定後より、委員会の参画メンバーの活動を通じて

  • 1. すべての議論のベースになるベネッセの企業理念(「ベネッセグループ企業理念」)の再確認
  • 2. 外部有識者による将来環境予測のインプット(教育・介護領域の事業環境予測や、働き方や人材の多様性など)
  • 3. 委員メンバー個別のヒアリング(Benesseの経営哲学・理念と企業活動への考え方など)
  • 4. SDGsをはじめとしたサステナビリティに関する国際社会の動向や、自社の中期経営計画

などとの整合性の検討を行いました。
その蓄積をもとに、サステナビリティ推進委員会の議題として、2030年あるいはそれ以降の社会課題についてのベネッセグループの貢献のテーマ・活動像を議論し、共有した内容をもとに5つの活動方針に落とし込んだものが「ベネッセグループのサステナビリティビジョン」です。
ビジョンを検討する委員会メンバー

SDGsへの貢献の考え方

ベネッセグループでは、今回のサステナビリティビジョンの策定を機に、SDGsへの貢献の考え方や柱となるテーマについても議論を行いました。

今回策定したサステナビリティビジョンをベースに、社外から特に期待の高かった、以下の取り組みを柱として、具体的な活動内容を検討してまいります。

  • 教育の領域(4. 質の高い教育をみんなに)での強みを活かしたSDGsへの貢献人材の育成
  • 今後に来る超高齢社会に向け、課題先進国としての介護の知見を社会へと発信・共有していく活動

最終更新日:2020年03月31日