お客さま一人ひとりの
「よく生きる」を
一生涯にわたって支援する
「なくてはならない企業」
を目指して
株式会社ベネッセホールディングス
代表取締役社長
安達 保

ベネッセグループは「Benesse=よく生きる」という企業理念のもと、国内教育、グローバル教育、介護・保育、生活の分野で、お客さま一人ひとりの向上意欲と課題解決を、一生涯にわたって支援する企業グループです。ベネッセは、1955年の創業以来60年以上にわたり、教育や介護に関する知見を積み重ね、お客さまに寄りそうサービスを提供してまいりました。

現在、日本は大きな変革期を迎えています。教育においては、21世紀に生きる子どもたちが、先行き不透明な未来の社会で活躍できるよう、知識・技能に加え、思考力、判断力、表現力や主体的に学びに向かう力を育む教育が求められるようになっています。グローバルに通用する人材の育成も大きなテーマです。一方で、急速な少子高齢化により、シニア世代の支援や介護のあり方や子育てのサポートは、一層大きな課題となっています。

このようななか、2018年度より、当社は、2022年度までの5カ年の中期経営計画「変革と成長Benesse 2022」をスタートしました。国内教育事業においては、2020年にスタートする教育・入試改革やデジタル化などの市場の変化に対応した事業戦略を遂行し、進研ゼミ、学校向け教育、学習塾の全ての事業で着実に成長を実現しています。少子高齢化の波のなかで、ますます重要になってきている介護・保育事業も、お客さま一人ひとりが、自分らしい生活ができるようサービス品質を一層高めながら、順調に拡大しています。グローバル教育事業やベルリッツは、商品・マーケティングの抜本的な改革を行うことで競争力を強化しています。さらにM&Aにより、2022年度に向けては、教育・介護に続く「第3の柱」を創出し、グループ全体の事業ポートフォリオの拡大と長期的な持続的成長を目指します。
一方、各事業戦略の実現を支えるのは、一人ひとりの社員です。社員が企業理念「Benesse=よく生きる」を実践し、活躍できる環境をつくることにより、当社グループの競争力を高めていく所存です。

ベネッセグループは、2018年9月より全常勤取締役を委員とするサステナビリティ推進委員会を設置しました。グループとして、これまで以上に社会課題の解決に取り組むことにより、持続可能な社会の実現に寄与するとともに、「人々の生活を支える、なくてはならない企業」としてさらなる成長を目指してまいります。

2019年6月
株式会社ベネッセホールディングス
代表取締役社長
安達 保

最終更新日:2019年06月22日