生活

2012年生まれの赤ちゃん33,640人を調査、たまひよ名前ランキング

今年最も多かった赤ちゃんの名前
男の子「悠真」(昨年3位)、女の子「結愛」(昨年3位)が1位引き続き「おおらかさ」「人との結びつき」を願う名前が人気の傾向
辰年にちなんで男の子で「龍之介」が5位(昨年61位)に急上昇

公開日:2012年12月03日
株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山市)における妊娠・出産・育児事業「たまひよ」では、2005年から毎年赤ちゃんの名前に関する調査、「たまひよ名前ランキング」を発表しています。今年も2012年1月~10月に生まれた赤ちゃん33,640人を対象に、名前や名前の読み方、漢字などを調査・分析したところ、主に以下のことがわかりました。
  1. 男の子は「悠真」(昨年3位)、女の子は「結愛」(昨年3位)が1位に
    • 男の子では「悠真」(昨年3位/主な読み「ゆうま」)が、昨年1位の「大翔」をおさえ、初の1位となりました。「悠真」は2008年以来必ずトップ10に入る人気名前でしたが、今年初めて1位となりました。
    • 女の子では「結愛」(昨年3位/主な読み「ゆあ」)が、2010年以来となる1位に返り咲きました。
    • 2012年は、引き続き先の見えない経済状況ではありましたが、ロンドンオリンピックでの日本人選手の活躍に勇気づけられた年でもありました。そんな中、「広い心を持ってほしい」「人との結びつきを大切にしてほしい」というわが子への願いが込められていると考えられます。
  2. 男の子の名前で「龍之介」が昨年の61位から5位に急上昇
    • 男の子では「龍之介」が、昨年の61位から5位にランクインしました。今年は辰年であることから、干支にちなんだ「龍」の字の人気が上がったと考えられます。
  3. 漢字のもともとの読みを短くして読む読み方が定着
    • 「愛」を「あ」、「心」を「こ」「ここ」などのように、もともとの読みを短くして読ませる読み方が定着してきています。
※調査結果の詳細は「たまひよweb」(http://tamahiyo.jp/name/)に掲載。

最終更新日:2020年03月xx日