ベネッセ早わかりベネッセのことをより良くご理解いただける情報をご案内しています。

  • 1 ベネッセとは?
  • 2 ベネッセのあゆみ
  • 3 事業領域
  • 4 ベネッセの強み
  • 5 市場環境
  • 6 業績と見通し
  • 7 財務の健全性
  • 8 株主還元

市場環境

人口動態

人口推移及び将来推計人口
今後も少子高齢化の進行が予想され、2050年には人口の約4割が65歳以上に

年間出生数は、1975年に200万人を割り込んで以来、減少傾向にあり、2015年の年間出生数は、ピーク時の約半分の100万人となりました。一方、少子化と同時に高齢化も急速に進んでいます。65歳以上の高齢者が全人口に占める割合は2015年時点で27%と、世界でも類を見ない水準に達しています。

出生数
出生数。出所:厚生労働省「人口動態統計」
人口推移及び将来推計人口
出所:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(2012年1月推計)

教育市場

校外学習市場の推移
校外学習市場は、2009年度の水準を維持

2014年度の校外学習市場は1兆4,941億円と、少子化が進む中でも2009年度並の水準を維持しています。

(注) 校外学習市場には幼児教育(幼児向け英会話教材、幼児英才教育、幼児・子供英会話教室)、学習参考書・問題集、家庭教師派遣、通信教育(未就学児向け、及び小学生から高校生向け)、学習塾・予備校を含む
2014年度 1兆4,941億円。学習塾・予備校9,380億円。通信教育1,697億円。その他3,864億円。(株)矢野経済研究所「教育産業白書2014年版」を基に当社算出、作成
校外学習市場
通信教育は、校外学習市場の11%

学習塾・予備校の市場規模は、2014年度は9,380億円と、2009年度比で微増となっており、校外学習市場において62.8%を占める規模の大きな市場です。

2014年度の通信教育事業(未就学児向け/小学生から高校生向け)の市場規模は1,697億円で、校外学習市場の11.4%を占めており、2009年度の1,931億円から12.1%減少しています。

2014年度 1兆4,941億円。学習塾・予備校62.8% 幼児教育(幼児向け英会話教材、幼児英才教育、幼児・子供  英会話教室を含む)12.3% 学習参考書・問題集6.7% 家庭教師派遣6.8%  通信教育11.4%(未就学児向け、及び小学生から高校生向け合算値)。  出所:(株)矢野経済研究所「教育産業白書2015年版」を基に当社算出、作成
通信教育市場
ベネッセのシェアは88%

通信教育の市場におけるベネッセのシェアはここ数年ほぼ横ばいで、2009年度の89%に対し、2014年度は88%です。

通信教育市場1,697億円 (2014年度) その他12% ベネッセ88% 出所:(株)矢野経済研究所「教育産業白書2015年版」を基に当社算出、作成

介護市場

介護保険サービス受給者数の推移
介護保険サービス受給者数は、過去15年間で3倍以上に

高齢化の進行とそれに伴う介護問題の深刻化を背景に、2000年に介護保険制度が施行されました。介護保険制度の浸透とともに市場は年々拡大しており、サービス受給者は2015年までの15年間で、約363万人(243.6%)増加しました。中でも特に、居宅サービス(訪問介護、通所介護、民間有料老人ホーム等)の伸びが大きく、15年で293.3%増加しました。

居宅サービス地域密着型サービス(地域密着型介護予防サービスを含む)施設サービス 出所:厚生労働省「介護保険事業状況報告」
高齢者人口の推移
2025年には高齢化率が30%を超える見込み

2025年には全人口の約30%が65歳以上の高齢者となる見込みで、今後も市場はさらに拡大することが予想されます。

高齢者人口(65歳以上人口)(左軸) 高齢化率(65歳以上人口 / 総人口)(右軸) 出所:国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口」(2012年1月推計)

最終更新日:2016年07月13日