【事業を通じた取り組み】教育へのデジタル活用による新しい学びの提供

教育のデジタル化により、子どもの理解力や学習へのモチベーションを高めることも可能になります。当社グループでは、通信教育事業、学校向け事業、塾事業のそれぞれの領域いおいてデジタル化を推進することで、新しいかたちの「学ぶ楽しさ」「わかる喜び」を提供していきます。

Webを活用した語学学習サービス

ベルリッツ コーポレーションでは、100%子会社である仏・テレラング社のノウハウを活用し、新しい語学教育サービス「CyberTeachers®」(サイバー・ティーチャーズ)と、「Berlitz Telephone Lessons」(ベルリッツ・テレフォン・レッスンズ)を日本に導入しました。「CyberTeachers®」は200以上の専門職に特化したセルフ・ラーニング・システム、「Berlitz Telephone Lessons」は24時間利用可能な電話レッスンです。これらの新しい学習システムを「Media Based Learning」(メディア・ベースド・ラーニング)というソリューションに統合し、グローバル化に対応していきます。

サイマル・インターナショナルでは、授業時間や場所の制約なくコミュニケーション力を養成したいというニーズにお応えするため、インターネット学習に適したカリキュラムを開発し、「サイマル・アカデミー インターネット講座」を開講しました。対象者は従来の通訳者を目指す方や通訳に関心のある方だけでなく、実践的に英語力やコミュニケーション力を磨きたい方も対象にしており、従来の通学コースよりも幅広い層の方により質の高いプログラムを提供します。

パソコンを使ったレッスンの様子

一人ひとりにあったWEB学習サポート

東京個別指導学院では、2012年11月から高校生向けに大学受験指導力強化を目的とした新学習サービス「高速演習 V-style」を開始しています。V-styleは、近年のセンター試験受験者増や入試制度の多様化による多科目受験対策ニーズへの対応力向上や、短期集中型の受験対策の効果を上げることを目的とした、学習テーマ別の講義映像を視聴しながら問題演習を繰り返し行なえる演習中心型の映像学習サービスです。家庭でもインターネット環境があれば視聴可能であり、短期間に集中して必要な演習をリーズナブルに行なえるのが特長です。

お茶の水ゼミナールの会員専用サイトでは、テストの結果などの成績推移と授業の出欠状況の確認、英語音声教材「音-DOCK」のダウンロードを可能とし、受講生および保護者の方への満足度向上を実現しています。また外部生も利用可能な「センター要点攻略動画」は3教科6本の動画をセンター試験実施週にHP上で公開。当社講師がセンター試験のポイントを解説し、会員のみならず多くの受験生に情報を提供しています。

アップのE-Lectureとはインターネットを利用した教育サービスで、複数の受講生と双方向にやり取りするライブ遠隔授業の実施と受講生が都合に合わせて受講できるオンデマンド遠隔授業の配信を行っています。特にE-Lectureの特徴の1つであるライブ遠隔授業では、「反応ボタン」(講師の話に相づちを打つようにして、素早く手軽に講師に意思を伝える機能)の活用により、実際の教室で行われる授業以上に受講生が授業に積極的に「参加」できるシステムの構築を追求し、インターネットでしか実現できない授業形態を生み出します。

最終更新日:2016年08月30日